最近の投稿

タグ

Site search

2014年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

失敗しない脱毛器の選び方

手軽に自宅で脱毛ができる家庭用脱毛器が数多く販売されていますが、どれを購入
したら良いのか、選択の幅が広がって嬉しい反面とても悩みますね。

昔に比べ家庭用脱毛器も価格競争などにより、だいぶ安くなって購入しやすくなりました。
それでも何万円とするものですから、選ぶのに失敗して後悔することが無いようにしたいですね。

家庭用脱毛器を購入するときの選び方、ポイントをまとめてみましょう。

1.脱毛効果がどのくらいか?
これは脱毛器によって脱毛の方法が違いますので、永久脱毛的効果があるもの
表面の毛のみを処理するものと様々です。また同じ方法でも機種によって差が出ます。

2.脱毛の際のトラブルについて
脱毛器を使用した際に火傷や炎症、色素沈着など肌のトラブルが起こってしまうことがあります。
特に肌の弱い人は熱線を利用した脱毛器には注意しましょう。

3.脱毛にかかる時間
脱毛するのにかかる時間も脱毛器によって差があります。
また重さも各種様々です。重いと長時間の脱毛は大変になるのでチェックしておきましょう。

4.脱毛にかかるコスト
脱毛器の本体価格だけを比較するのではなく、消耗品にどのくらいかかるか把握しておくことも重要です。
交換用カートリッジやジェル、クリームといった製品から、充電にかかる時間なども考慮に入れましょう。
カートリッジの値段はショット数のチェックも必須です。

口コミ情報も参考の上、それぞれの脱毛器の公式サイトや資料をよく読んで
こちらのサイトで納得できる脱毛器を選びましょう。
→ 脱毛器通販ランキング

男も女も(笑)

知り合いのママ友さんから聞いた脱毛話です。
そのママさんは子供が小さい時から、普通の毛抜きで子供に一本一本抜いてもらっていたそうです。脱毛処理係の息子さん本人は当時もう中学生!その息子さんを遠目で見ながら話しを聞いたので、みんなでそれぞれ想像し大笑いしてました。

幼い頃からママのムダ毛を処理していた息子さんは、中学生の当時すね毛もなくツルツルの肌。
どうやらママのおかげで、自身のすね毛も一本一本毛抜きでこまめに抜いていたそうです。

会社の友人のむだ毛処理

むだ毛処理の悩みって、女性特有の悩みですよね。
ずっと、1年中、気をつけていなければならないので、結構大変なのです。

会社の同僚とランチをしながら、むだ毛処理の話になりました。
私は、結構毛深いほうなのですが、その友人はさらに毛深い人なのです。
足のむだ毛を先日も、見せてもらいましたが、太くてびっくりしました。彼女いわく、むだ毛処理をほぼ1日おきくらいでしているとのことです。カミソリで自己処理をしているために、お肌が荒れてしまうといっていました。

よくよく話を聞くと、処理の回数が多く、めんどくさいので、剃ってからクリームを塗っているといっていました。
私も自己処理してますが、それは間違いですよね。
むだ毛処理の際には、まず、お肌と毛をやわらかくしてあげる事から始めます。そのままの状態で剃ってしまったら、毛も毛穴も硬いままなので、剃りずらくなることは目に見えています。
さらに、1日おきの処理というのもいけません。剛毛で目立つのが嫌だからという気持ちもわかりますが、剃ってはいけない時期もあるんです。
それは、お肌が敏感になる生理前後です。その時期だけは、むだ毛処理をお休みしたほうがいいよと、アドバイスをしておきました。

それ痛くないの?

ちょっと暖かくなってくると露出の多い格好をしている人も増えますね。
夏になると普段から薄着になりますし、さらに海やプールなんかは特にむだ毛が気になりますよね。
だからいっつも肌がすべすべで綺麗な友人に「どうしてる~?」なんて聞いてみました。

永久脱毛だろうな~なんて思って聞いてみましたが違いました。
彼女ってばすごいんです。
「テープでとってるよ~」って。
ペタッと貼ってバリッと剥がす、なんだか痛そうなあのテープ。
お店で売っているスペースも小さいあのテープ。
いつも本当にキレイなんですが、手間をかけてペリペリ剥がしているそうなんです。

「痛くない?」って聞いたら
「痛くないよ~。一瞬だし全然平気。すごく早いし楽だよ~。生えてくるまでにしばらくかかるからそこまで頻繁にはやらなくていいし、たまにピヨッて生えてきたらそれは毛抜きで抜くけど」なんて答えるもんだから
「どこの使ってるの?」って聞いてさらに驚きました。
なんとガムテープだって言うんです!!ガムテープって・・・。肌荒れないのかしら・・・。
しかも丁寧に教えてくれました。
「布製のガムテープのが強そうに見えるけどあんまりとれないんだよね。」
「紙の安いヤツでいいんだ。ホームセンターとかで大量にまとめて売ってるのあるでしょ?あれがいいの。そっちのがむしろ綺麗に抜けるの。肌も痛くならないし、ノリも残らない。布はたまに残るんだよね。」
だそうで。
聞いてみたけどそれは真似できそうにありません。やっぱり痛そうだもん。

年季の入った脱毛器

女性にとってのムダ毛はとても厄介だと思います。まだ冬場ならいいのですが、夏場はこまめに処理をしないといけないので、女性として生まれた事自体が面倒くさいと思ってしまう事もしばしば。
いつどこで誰とどんな事があるのか分からない若い時は特にマメに脱毛していました(笑)
ある程度年を重ねて生活も落ち着いてきてしまうと、「どうでもいいや!」という捨身にもなれますので・・・。

私は昔脱毛器具を購入しました。男性の髭剃りで有名なBRAUNの「Silk-épil」という商品です。あまりにも昔過ぎて、今はもう販売していないかもしれませんが・・・。
ローラー部分にムダ毛を挟む金具が取り付けられていて、コロコロと転がしながら脱毛していくのですが、痛みよりも音がすごいんです。特に脇の下を脱毛する時は耳に近い所で「ギューイ~ン」という大きな音が・・・。
部位によっては痛みを感じる人もいるのかもしれませんが、私は比較的どこでも痛みを感じる事なく使えました。

今はどんどん商品も進化して、痛みも音もない物がたくさん出ていますが、まだまだ使えるので当分はこの器具を使っていこうかと思っています。

カミソリで剃ったもの

友達のむだ毛処理したときの話がとても痛そうだったので、書いちゃいます。

お風呂に入っている時に、体を洗う時にT字カミソリで足のむだ毛処理をしていた時のこと。
クリームの代わりに石鹸を泡立て、滑りを良くして処理をしていたそうです。
いつもと同じようにT字カミソリをすねにあてて、処理していると、透明の薄い膜のようなものがぴーっと出てきたそうです。幅1センチ長さ10センチぐらいのものが。
「ん?石けんのカスかなんかか?」とおもってみていると、いつのまにか足が血まみれ!!
大工さんが木材にカンナをかけたときのように、足の肌の表面をカミソリですーっとカミソリで剃ってしまったようです。
痛さがなかったため、血をみるまで肌がむけているのに気がつかなかったそうです。
その後、友人の足をみると、すねの前側に長さ10センチのかさぶたができていました。この傷のため、スカートもはけず、毎日すねが隠れるパンツスタイルで過ごしているそうです。

その話をきいてから、私はT字カミソリでの処理をやめて、電気シェーバーを買って使うようになりました。
1年以上たってからその友人に「足、どうなった?」ときいたら、まだ傷跡が残っているとのこと。
カミソリの扱いには気をつけましょうね。

ビックリしたムダ毛処理方法

私が20歳の頃。
高校時代の友達も同時期にポンポンと結婚をして妊娠したり専業主婦になる人が多く一時期はよくお互いのアパートでおしゃべりするようなことがよくありました。

その時、結婚してから旦那がいていつムダ毛を処理する?って話題に。
結婚前にムダ毛処理をしている姿なんて私は見せたことなかったし、みんなはどうしているのか興味津々でした。
すると、友達の一人が驚きの発言。

「旦那の髭剃りで剃ってるよ」

当時その場には私と発言した友達以外に2人ほど居ましたが、みんな目が点。
それと同時に話に食いつきだしました。
なぜ旦那の髭剃りなのか。
使い心地はどうなのか。
旦那は知っているのか。

友達は答えてくれました。
もともと脇は毛抜きで手足は女性用のボディ用シェーバーを使用していた。
浴室に常備しておいて、旦那にムダ毛処理していますよっていうのをバレたくなかった。

使い心地は、とにかく良い。
数枚ついてる刃で剃り残しなく剃れるし、もともと顎のカーブでも対応できるようにヘッドが動くから剃りやすい。
アンダーヘアの手入れにはもってこいの物。

旦那は….結婚してから当時1年目でしたが気付いていない。

と、淡々と答えてくれました。

髭剃りってあんなに刃があるからすごい切れ味でちょっと危ない物かと思っていましたがかなり衝撃的でした。
ただ、その日から髭剃りで処理する友達が増えたのは事実です。

「ソイエ」を使っている主婦友達のお話

今日は、主婦友達のみいこさんが「ソイエ」という脱毛器を使っているのでお話を聞いてみました。

ソイエって、ヘッド部分が「うで、脚用」、「わき用」、「シェーバー」の3つに付け替えられるらしいです。
「うで、脚用」のヘッドは「わき用」より毛を抜く部分が広いらしいです。
みいこさんが持ってる種類はヘッド部分を水洗いすることはできないみたいです。お掃除用の小さいブラシは付属品でついてるみたいです。

みいこさんは「ソイエ」をわき毛処理用に使っているらしいです。
使うのは「うで、脚用」ヘッドで、「わき用」ヘッドでは、毛が抜ける部分が小さいぶん、時間がかかるので、そうしているみたいです。
毛を抜くスピードは二段階に調節できるみたいです。みいこさんの場合はまず、速いスピードでわき全体の毛をあらかた抜いて、抜ききれなかった毛を普通のスピードで抜くらしいです。

両脇ムダ毛処理するのに7分くらいで出来るらしいです。ある程度、抜く毛の長さがないといけないらしく、8ミリメートルくらいあればスイスイ毛が抜けるらしいです。

お手入れは簡単で、ヘッドのキャップ部分を外して付属の小さいブラシで毛をはき落としたらいいみたいです。

毛を抜いて処理することでトラブルもあるみたいです。
まず、毛がこくなるらしいです。最初1つの毛穴から1本しか毛がはえてなかったのに、今では1つの毛穴から3本も4本もはえていることがあるみたいです。
あと、薄い皮膚の下に毛が生えて外に出てこないことが時々あるみたいです。
それでもみいこさんは満足しているみたいで、かれこれ「ソイエ」を10年愛用しているらしいです。

毛抜き脱毛して失敗した経験

友人がよく毛抜きで脱毛していて、毛穴が見えあまり良くないと思っていたのですが、友人から毛抜きで脱毛するのをすすめられて、自分もムダ毛が多く気にしてたので、ワキの下なら毛抜きでも毛穴は目立たないだろうと思い、毛抜きを使いました。
ワキの下に蒸しタオルで温めて1本1本毛抜きでひっぱりあげて抜いてましたが、毛抜きは根元からひっこぬくので、もう生えてこないだろうと軽く考えていましたが、また生えてきて、何回も抜かないとだめで、ストレスになりました。

毛抜きで抜くと毛穴が広がり、ばい菌が侵入して炎症を起こしやすくなり、やらないほうが良いと思います。
毛抜きで何回も抜いていると、皮膚が盛り上がり赤く炎症を起こし腫れあがり、皮膚を傷つけて細菌が毛穴から入ってきて毛根の周りに炎症が起きて大変でした。

ワキの下のムダ毛を毛抜きでひっぱりあげて抜くと毛穴の周りが盛りあがってしまい、元に戻らなくなり、毛が皮膚に残ってしまいました。ワキの下が黒ずんでしまう事もあるので要注意です。
埋没毛が進むと炎症をおこし、膿んでしまい、色素沈着を生じてしますので、毛抜きでワキの下を脱毛するのは、かなり大変な状態になりましたので、もう毛抜きでワキの下を脱毛するのは、辞めました。

自己処理脱毛のトラブル

友人は人より体毛が多く肌出したオシャレすると手足やワキの下のムダ毛が人よりも多く目立つので、脱毛をすすめましたが、一度脱毛すると、もっと多くムダ毛が増えて、脱毛は絶対しないと頑固に断り、とにかく女性にしては、ムダ毛が目立ち見た目が良くなかったです。

それを見ていたので、自分はムダ毛に対して神経質になり、こまめに自宅でムダ毛をカミソリで剃っていました。カミソリの脱毛は、お金もかからないし、ムダ毛が気になった時、手軽に脱毛処理ができ、短い時間でできるので、気に行っていたのですが、カミソリも色々な種類があるようで、使うカミソリによって皮膚を傷つけてしまい、カミソリの刃が皮膚の表面を削りとってしまい、肌への潤いもなくなり、ヒリヒリ痛むし炎症を起こし、色素沈着や黒ずみに悩まされました。
脱毛に、カミソリを使い続けると皮膚の状態が悪化し肌トラブルが生じてきました。

知人から、生理中はホルモンのバランスが崩れるので、脱毛はしないほうが良いとアドバイス受けてましたが、健康診断で乳がん検査が次の日にあったため、ムダ毛が気になってしまい生理中にもかかわらずカミソリで脱毛したところ、やはり生理中だったのが良くなかったのか、皮膚の状態が悪く、肌トラブルを招き、ひどいことに。。それ以来カミソリで脱毛するのを辞めました。